交流会

集合時の様子

平成19年7月22日(日曜日),日本ALS協会宮城県支部主催の交流会が開かれ,50名あまりが参加しました。

当日朝から霧雨が降るというあいにくの空模様でしたので,当初の予定では仙台ボタニカルガーデンだったのですが,松田病院のホールをお借りして行いました。

参加患者が12名の予定でしたが、体調不良で2名の方が不参加でした。呼吸器装着した人が5名、まだの方が5名でした。先行く患者さん家族は、これから行くALS患者家族の闘病に少しでも何らかの力になれるように話はつきませんでした。

和川会長のご挨拶

ALSの深い悲しみと苦しみを共にしながらいい出会い、いい時間と素敵な笑顔と涙で心地よい交流会になったと思います。其々の関係者も熱心に情報交換して共にALSが生きることを考える時間を持つ事が出来たのではないかと思います。

記念撮影

トップページに戻る